HOME>オススメ情報>中学卒業から早く業界や技術を学びたい方向けの養成学校

業界に入る為の選択肢としてどうか

女性

声の役者である声優は大変人気の職業ですが、資格などは必要ありません。芸能人の様に誰もが目指せてすべての方がなれる職業ではありません。なる為には事務所に所属する事が重要で、所属する為には養成機関や専門学校で学び、オーディションに合格するかスカウトされるかしかありません。高校卒業後に声優の専門学校か養成機関に入るルートがありましたが、現在は声優科がある高校もできてきています。卒業すれば高卒の学歴も取得でき、プロの指導も受けられて業界を目指せます。養成所も中学卒業より入れますが、学歴は中卒のままなので、高卒が取得できる声優科のある高校に入るメリットは大きいでしょう。基本的には通信制になりますので自分らしく自由に学ぶ事ができます。

学費はどうなっているのか

マイク

専門学校の場合は1年間で約150万円の学費が必要になります。声優科のある高校の場合は通信制なので、専門学校よりも安く、年間70万円程になっています。普通の高校の場合、私立か公立かによって学費は変わり、私立の場合は年間100万円程必要になります。公立の場合は年間45万円程になり、公立と私立の中間程の学費が声優科のある高校では必要です。通常の学校教育の他にレッスン料や講師料等が学費に含まれています。専門学校よりはクオリティや設備に劣る部分がありますが、現場を意識したレッスンを受ける事ができます。

親を説得しやすいシステム

女性

実際に活用されている方も多く、その高校を卒業後に養成所や声優専門学校に進学される方が多いです。声優を目指す事は自分だけでなく当然親の支援や同意も必要です。親からすると声優を目指す事自体に両手を振って応援している家庭の方が少ないです。芸能人の様に頑張っているから認められる世界ではない事は当然知られており、実力だけでなく運にも左右される職業だからです。努力が認められず収入も不安定な事から、将来自身の子供がつく職業としては不安なのが親の気持ちです。声優科のある高校入学に親の反対は多いですが、高卒資格は得られてその後大学や専門学校と将来を考えられるメリットから許されやすい選択肢として評価されています。

広告募集中